あなたが成功したくても不動産投資は失敗することもある。

不動産投資というと、ローンが組みやすくなってからは、積極的にやってみようという人が増えてきています。しかし、不動産投資で取り扱う金額は、少ない金額では数百万円ですが、個人でも1億円程度の金額になってしまいます。一般のサラリーマンの年収が400万円から500万円程度ですから、不動産投資で失敗すると取り返しのつかないことになってしまいます。

投資で失敗しないためには、立地や物件の選定をしっかりとしておくこと、さらには資金計画をしっかりと考えておくことが大切です。書籍やネットで出ている不動産投資に関する情報は、成功例が多くなっています。どんな人でも知ることができる情報ですから、同じ情報を見て不動産投資をすることになります。しかし、不動産投資はケースバイケースです。物件はその地域、その場所に一つしかありません。

不動産投資でよくある失敗例は、一棟のマンションや木造アパートを購入するときに、限度額ぎりぎりまでローンを組んだような場合です。ローンを組むことは不動産投資ではよくあることですが、フルローンの場合は、借入金の返済がキャッシュフローを圧迫し、資金繰りがうまく回らなくなってくるようです。できれば、現金を多めに投入することでキャッシュフローに余裕を持たせた不動産投資を行うようにしてください。不動産投資では、安全に事業経営を行うことを考えているなら、現金を中心にした投資を行ったほうがいいでしょう。これも借入金と現金の割合のバランスになります。レバレッジの効果を効かせるなら、借入金を活用するべきですが、借り入れの割合は少なめにしておきましょう。

ページのトップへ戻る