各時代の戦国武将まとめへようこそ!

各時代の戦国武将について少しづつまとめてみました。

戦国武将まとめ カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

1平安時代の武将の生涯

2鎌倉時代の武将の生涯

ランダムに記事を表示↓
  • 天文3年(1534年)5月に尾張国(愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男として生まれました。父が亡くなり家督を継ぎました。永禄2年(1559年)尾張を統一しました。 永禄3年(1560年)5月19日の桶狭間の戦いにおいて「運は天にある。

  • 大宰少弐筑前守良範の次男として生まれました。伊承平年間(931~938)に 伊予国に地方役人の伊予掾としてして赴任しました。 治安を守る任務でしたが、海賊と関係を深め任期が終わっても京へ戻りませんでした。

  • 源義朝の6男で、源頼朝とは異母兄弟。 母は 遠江国池田宿(静岡県豊田町)の遊女。 池田付近の蒲御厨(浜松市)で生まれたため、蒲冠者と称しました。京都で貴族藤原(高倉)季範が養育し、 季範の1字を賜り、範頼と名乗ったと伝わります。

  • 応永11(1404)年時煕の三男、持煕の弟。左衛門佐,弾正少弼,右衛門督。のち出家して法名宗峰,宗全。六分一殿つまり、全国の6分の1を持ってると言われたほどの家柄でした。第4代将軍の足利義持から偏諱を賜り持豊と名乗ります。