各時代の戦国武将まとめへようこそ!

各時代の戦国武将について少しづつまとめてみました。

戦国武将まとめ カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

1平安時代の武将の生涯

2鎌倉時代の武将の生涯

ランダムに記事を表示↓
  • 越後守護・上杉房方の三男として生まれました。幼名は孔雀丸、通称は四郎。応永25(1418)年1月に第13代関東管領・上杉憲基が亡くなりました。憲基に子がなかったため、従兄弟にあたる憲実が家督を継ぎました。

  • 清和天皇の曾孫、経基の嫡男として 延喜12年に生まれました。 母は橘繁古娘または藤原敏有娘と言われています。摂津,越前,武蔵,伊予,美濃,下野,陸奥などの国守や 平安中期以降に武士の中でも最高栄誉職とされた鎮守府将軍を務めました。

  • 建治3(1277)年に赤松茂則の子として生まれました。法名円心としても知られています。 村上源氏の流れを汲む赤松家第4代当主。赤松家は、播磨国佐用荘の地頭でしたが護良親王のご意向により、山陽地方で一早く南朝方につきました。

  • 中岡慎太郎は、天保9(1838)年4月13日に土佐国安芸郡北川郷柏木村(現・高知県安芸郡北川村柏木)で長男として生まれました。安政元年(1854年)経史を間崎哲馬から学び、翌年に武市瑞山(半平太)のもとで剣術を学びました。