各時代の戦国武将まとめへようこそ!

各時代の戦国武将について少しづつまとめてみました。

戦国武将まとめ カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

1平安時代の武将の生涯

2鎌倉時代の武将の生涯

ランダムに記事を表示↓
  • 宮本武蔵が誕生した年や生誕地は天正十年(1582)または慶長9年(1604年)生まれ、に播磨国印南郡米堕村(現兵庫県高砂市米田町)または美作国宮本村で誕生したなど諸説あります。田原家貞の次男として生まれました。

  • 建治3(1277)年に赤松茂則の子として生まれました。法名円心としても知られています。 村上源氏の流れを汲む赤松家第4代当主。赤松家は、播磨国佐用荘の地頭でしたが護良親王のご意向により、山陽地方で一早く南朝方につきました。

  • 天文3年(1534年)5月に尾張国(愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男として生まれました。父が亡くなり家督を継ぎました。永禄2年(1559年)尾張を統一しました。 永禄3年(1560年)5月19日の桶狭間の戦いにおいて「運は天にある。

  • 高山飛騨守・高山友照の嫡男として天文21年(1552年)摂津の国高山(大阪府豊能郡)で生まれました。父・友照は三好長慶の重臣・松永久秀に仕える沢城城主(現在の奈良県宇陀市榛原)でした。