各時代の戦国武将まとめへようこそ!

各時代の戦国武将について少しづつまとめてみました。

戦国武将まとめ カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

1平安時代の武将の生涯

2鎌倉時代の武将の生涯

ランダムに記事を表示↓
  • 桓武平氏鎌倉景清の子として生まれました。治承4(1180)年 8月 源頼朝が挙兵し、石橋山の戦い (小田原市南部) が起こりました。 景時、 大庭景親ら平氏方は頼朝軍を破りました。 頼朝は山中に逃れました。

  • 高山飛騨守・高山友照の嫡男として天文21年(1552年)摂津の国高山(大阪府豊能郡)で生まれました。父・友照は三好長慶の重臣・松永久秀に仕える沢城城主(現在の奈良県宇陀市榛原)でした。

  • 永享4年(1432年)に生まれました。父は鎌倉公方を補佐する関東管領上杉氏の一族、扇谷上杉家の家政を取り仕切る家宰を務めた太田資清(道真)。兵法に長け、歌と漢詩が得意で通称源六郎。

  • 三浦義澄の子として生まれました。母は伊東祐親の娘。 相模国(神奈川県)で育ち平六と称しました。 妻は河越次郎重時女。源頼朝が、挙兵すると父義澄とともに頼朝に従いました。 建久1(1190)年 源頼朝が上洛する際、右兵衛尉に任じられました。