各時代の戦国武将まとめへようこそ!

各時代の戦国武将について少しづつまとめてみました。

戦国武将まとめ カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

1平安時代の武将の生涯

2鎌倉時代の武将の生涯

ランダムに記事を表示↓
  • 3代将軍・徳川家光の四男として生まれました。母は玉(のち桂昌院)、長男は徳川家綱。幼名は徳松。慶安4年(1651年)4月、三男の長松(のちの徳川綱重)とともに近江、美濃、信濃、駿河、上野15万石を賜りました。同月には家光が死去しました。

  • 応永11(1404)年時煕の三男、持煕の弟。左衛門佐,弾正少弼,右衛門督。のち出家して法名宗峰,宗全。六分一殿つまり、全国の6分の1を持ってると言われたほどの家柄でした。第4代将軍の足利義持から偏諱を賜り持豊と名乗ります。

  • 大宰少弐筑前守良範の次男として生まれました。伊承平年間(931~938)に 伊予国に地方役人の伊予掾としてして赴任しました。 治安を守る任務でしたが、海賊と関係を深め任期が終わっても京へ戻りませんでした。

  • 中岡慎太郎は、天保9(1838)年4月13日に土佐国安芸郡北川郷柏木村(現・高知県安芸郡北川村柏木)で長男として生まれました。安政元年(1854年)経史を間崎哲馬から学び、翌年に武市瑞山(半平太)のもとで剣術を学びました。