各時代の戦国武将まとめへようこそ!

各時代の戦国武将について少しづつまとめてみました。

戦国武将まとめ カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

1平安時代の武将の生涯

2鎌倉時代の武将の生涯

ランダムに記事を表示↓
  • 宮本武蔵が誕生した年や生誕地は天正十年(1582)または慶長9年(1604年)生まれ、に播磨国印南郡米堕村(現兵庫県高砂市米田町)または美作国宮本村で誕生したなど諸説あります。田原家貞の次男として生まれました。

  • 永享4年(1432年)に生まれました。父は鎌倉公方を補佐する関東管領上杉氏の一族、扇谷上杉家の家政を取り仕切る家宰を務めた太田資清(道真)。兵法に長け、歌と漢詩が得意で通称源六郎。

  • 楠木正成は永仁2年(1294年)河内国(大阪府)で 楠木正遠の子供として生まれました。正成が38歳の時、後醍醐天皇の呼びかけにより鎌倉幕府打倒に立ち上がりました。 正成は赤坂城を築き、ここを拠点とし挙兵します。

  • 大宰少弐筑前守良範の次男として生まれました。伊承平年間(931~938)に 伊予国に地方役人の伊予掾としてして赴任しました。 治安を守る任務でしたが、海賊と関係を深め任期が終わっても京へ戻りませんでした。